F1 ニュース

投稿日: 2016.04.29 22:42
更新日: 2016.04.29 22:53

ハミルトンが唯一の37秒台でトップ。ベッテルは2番手タイムもトラブル発生!


F1 | ハミルトンが唯一の37秒台でトップ。ベッテルは2番手タイムもトラブル発生!

 2016年F1第4戦ロシアGPは、4月29日の午後にフリー走行2回目が行われた。気温16度、路面温度39度。1回目に引き続き、路面コンディションはドライとなった。トップタイムは、メルセデスのルイス・ハミルトンがマーク。2位にはフェラーリのセバスチャン・ベッテルが続き、1回目トップのニコ・ロズベルグは3位で終えている。 

 序盤はフェラーリ勢がタイムを更新。セッション開始から約10分後、まずはベッテルがソフトタイヤで1分38秒921を記録すると、キミ・ライコネンが1分39秒278と続いた。しかし、その直後に同じくソフトタイヤを履くロズベルグがライコネンを上回る1分38秒926をマーク。ハミルトンも1分38秒311を叩き出してトップに立つ。

 セッション開始から約30分が経過すると、各車スーパーソフトタイヤに履き替えてタイムを更新。そこでベッテルが1分38秒235とハミルトンのタイムを、わずかながら上回る。ところが、その翌周、電気系統のトラブルが発生してストレート上にマシンを止めてしまった。結局ベッテルはガレージへと戻り、そのまま走行終了となった。


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング