F1 ニュース

投稿日: 2016.06.06 14:26
更新日: 2016.06.06 14:27

プロスト、ルノーPUの進化に驚き。来季へシフトする時期は「最も難しい決断」


F1 | プロスト、ルノーPUの進化に驚き。来季へシフトする時期は「最も難しい決断」

 ルノーF1チームは低迷を続ける今シーズンのマシン開発をどのタイミングで中止し、2017年のマシンにリソースを割り振るかという「最も難しい判断」を迫られていると、チームのアンバサダーを務めるアラン・プロストが語っている。 

 今季ワークスとして復帰したルノーは、トップ10圏内でのフィニッシュが一度きりとなっており、コンストラクターズランキングでは9位。これより下位のチームは、いまだにポイント獲得を果たせていないザウバーとマノーのみという有様だ。

 開幕前、ルノーの上層部は今シーズンは苦戦するだろうと明言していた。同じルノーのパワーユニットを搭載するレッドブルが競争力を発揮しているところを見ると、問題はルノーのシャシーにあるということになる。今後チームのリソースを、どこに割り振るべきかと聞かれると、4度のF1チャンピオン経験者であるプロストは以下のように答えた。

「それは最も難しい判断になる。現在のシャシーの出来は、当然ながら良くはない。『開発を中止して2017年に取りかかろう』という良い理由になる。しかし同時に、前進するためには理解が必要なので、開発を続けるということもあり得る。モチベーションと心理的な部分では、停滞することはチームにとって良くないので、とても難しい判断になる。この先、長くても3カ月ほどで状況がどうなるか、はっきりする。私の決めることではないが、難しい決断であることは理解できる」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング