F1 ニュース

投稿日: 2016.07.08 07:03
更新日: 2016.07.08 15:57

ホンダF1、イギリスでトークン使ったアップグレード。燃焼効率向上狙う


F1 | ホンダF1、イギリスでトークン使ったアップグレード。燃焼効率向上狙う

 ホンダがイギリスGPに向けて開発トークンを使い、パワーユニットのアップグレードを行ったことが分かった。2トークンをICE(エンジン)に使用したものとみられる。

 英AUTOSPORTの情報によると、マクラーレンのパートナーであるホンダは、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン両方のパワーユニットに関し、ICEインテークシステムをアップデートしたという。

 このアップデートには必ずしもICEの交換は必要ないが、アロンソは戦略的理由でイギリスGPで新しい4基目のICEに交換する。

 バトンはすでに4基目のICEに入っており、イギリスではそれを引き続き使用しながらアップデート版インテークシステムを導入する。

 今回のアップデートは燃焼効率とパワーを向上させることを狙ったものだが、ホンダはパワーに関しては大幅な向上は期待していないようだ。
 
 ホンダは今シーズン中初のトークンを使ったアップグレードをカナダで行った。この際、ターボの効率を改善するためにいくぶん排気パワーを要したため、エンジンの出力が減る結果になった。今回のアップデートではそれをリカバーしたい考えだ。

2016年イギリスGP木曜 マクラーレンのガレージ
2016年イギリスGP木曜 マクラーレンのガレージ

 
 今回2トークン使用したことで、今季のホンダの残りトークンは10となった。現時点で明らかになっている全パワーユニットマニュファクチャラーの今年の使用トークン数と残りトークン数は以下のとおり。

フェラーリ:29トークン使用 (残り3)
ホンダ:22トークン使用 (残り10)
メルセデス:21トークン使用 (残り11)
ルノー:11トークン使用 (残り21)


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング