F1 ニュース

投稿日: 2016.07.29 11:48
更新日: 2016.07.29 11:51

ホンダ、次回アップデートに好感触。「ホッケンハイムでもポイントを狙える」


F1 | ホンダ、次回アップデートに好感触。「ホッケンハイムでもポイントを狙える」

 ホンダは次に導入するF1パワーユニットのアップデートで信頼性の向上を目指しており、さくらの研究所では好ましい結果が出ているという。

 ホンダはイギリスGPを前に2トークンを費やし、内燃機関をアップデートするための開発を進めてきた。これによって現在残されているトークンは10となっている。長谷川祐介ホンダF1総責任者は、4戦か5戦のちにアップデートを投入する予定があると、今月の初めに発言。進み具合によってはスケジュールが変更になる可能性も示唆したが、好ましい兆候が見られていると言う。

「開発は常に行っているので、準備ができ次第ということになります。投入を待つ理由はありません」

 研究所では、次回アップグレードに向けて、どのような数値が出ているのだろうか。

「いくつかの要素では良い数字が出ています。パッケージとして問題がないことの証明と、耐久性の確認も必要です。開発に終わりはありません。特にICEの部分では、改善の余地があります。今シーズンのトークンは、すべて使うことになると思います」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
藤高つばさ(ふじたかつばさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング