F1 ニュース

投稿日: 2020.12.10 15:25
更新日: 2020.12.10 15:27

メルセデスF1で実力を証明したラッセル、「2022年かそれ以前」の移籍が検討されることを期待


F1 | メルセデスF1で実力を証明したラッセル、「2022年かそれ以前」の移籍が検討されることを期待

 ジョージ・ラッセルは、2020年F1第16戦サクヒールGPでの目覚ましいパフォーマンスによって、メルセデス首脳陣に対し、2022年あるいはもっと早い段階で自分を起用することを検討するようアピールできたと考えている。

 ラッセルは、金曜日の2回のフリー走行でトップに立ち、予選ではポールポジションタイムと僅差の2番手を獲得、決勝ではトラブルに阻まれるまでは首位を走行した。トラブルにより初優勝を逃したラッセルには、ルイス・ハミルトンの代役として期待以上の大きな活躍をしたと高い評価がなされている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
川瀬もえ(かわせもえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング