スーパーフォーミュラニュース

2016.07.17

SF富士:オリベイラが上半期の不運を断ち切り今季初優勝


2016スーパーフォーミュラ第3戦富士 表彰台

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦富士は、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)と中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がレース序盤からバトルを展開。最終的にオリベイラに軍配が上がり、今季初優勝を飾った。

 第3戦の決勝日は、午前こそ灰色の雲がサーキット上空に広がりウエットコンディションとなったものの、サポートレースが行われる間にコンディションが急激に回復。スーパーフォーミュラの決勝レースは今週末で初めての完全ドライコンディションで行われた。

 ポールシッターのストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は抜群の飛び出しを見せるも、1コーナーでオーバーラン。さらに、バンドーンにイン側から並びかけていた石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)もアウト側に膨らんでしまう。この隙をついて3番手グリッドのオリベイラがトップに浮上した。

 2番手に続いたのは6番手スタートの一貴。以下、ベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)、バンドーン、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、石浦というトップ6で序盤は展開していく。オリベイラは早々にペースアップし、3周目を終えた時点で一貴に1.5秒差をつけたが、直後にオーバーラン。ここで一貴に逆転を許してしまう。

 トップに立った一貴はひとり1分26秒台前半のタイムを並べて、後続を突き離しにかかる。追いかけるオリベイラも26秒台に乗せるが、両者の差は少しずつ開き、13周を終えた時点で3.4秒差まで広がった。

 ところが、14周目に国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)が1コーナーでスピンし、コース上にストップ。車両回収のためセーフティカーが導入される。そして、このタイミングで各車が続々とピットへなだれ込み、給油作業のみでピットアウトしていく。全車がピットアウトすると、一貴、オリベイラ、バゲット、バンドーン、関口、ジェームス・ロシター(FUJI CORPORATION KONDO SF14)というオーダーとなる。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

D'stationフレッシュエンジェルズ/2017SGT
森園れん(もりぞのれん)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

18日(Fri)

WRC 第10戦ドイツ

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)

22日(Tue)

23日(Wed)

24日(Thu)