F1 ニュース

投稿日: 2020.11.10 15:00
更新日: 2020.11.10 14:58

フェラーリF1代表のビノット、2021年の開発に集中するため今後のレースには帯同しないことを検討


F1 | フェラーリF1代表のビノット、2021年の開発に集中するため今後のレースには帯同しないことを検討

 フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットは、11月13~15日に開催される2020年F1第14戦トルコGPには帯同しない可能性があるようだ。ビノットはマラネロのファクトリーに残り、フェラーリの2021年プログラムに集中するという。

 フェラーリはすでに来年のマシン開発に懸命な取り組みを行っており、そのマシンが不振の2020年シーズンからフェラーリのグリッドを引き上げる一助となることが期待されている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング