ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.12.25 12:03
更新日: 2020.12.25 12:45

IMSA:元フォードドライバーのライアン・ブリスコー、フェラーリGT3でデイトナ参戦


ル・マン/WEC | IMSA:元フォードドライバーのライアン・ブリスコー、フェラーリGT3でデイトナ参戦

 フェラーリのカスタマーチームであるスクーデリア・コルサは北米のスポーツカーシリーズ、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTデイトナ(GTD)クラスに引き続き参加し、2021年1月のデイトナ24時間でライアン・ブリスコーを起用することを確認した。

 元インディカードライバーで、その後はフォードワークスドライバーとしてフォードGTを駆り、2020年にはDPiクラスの“強豪”ウェイン・テイラー・レーシングから北米耐久シリーズに参戦したブリスコー。このオーストラリア人は来年1月27~31日に、フロリダ州デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われるデイトナ24時間で63号車フェラーリ488 GT3 Evoをドライブする。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング